桑都てぬぐい

おしらせNews

てぬぐいの活用例 その1

てぬぐいの活用例を少しずつ紹介させていただきます。

「ティッシュケースカバー」

さるかに03.jpg

定番の活用方法になります。てぬぐいの絵柄によって印象が大きく変わるので、季節に合わせて包むことができます。

「ペットボトルカバー」

道の草花05.jpg

少し難しいのですが、とても可愛らしい活用方法になります。

こちらは、北海道を拠点に活動されている「結び屋ゆいくさん」の斎藤先生に教えていただきました!

現在、様々な活用方法を練習しておりますので、少しづつ紹介させていただきます。

結び屋ゆいくさんのホームページはこちらから ←クリックください。

素敵な活用方法を紹介してくださっております!!

桑都てぬぐい運営

取り扱い店舗のご紹介。「手焼き煎餅 くしだ」

多摩・八王子エリアを中心に活動する、

桑都てぬぐいを応援してくださる取り扱い店舗さんをご紹介いたします。

高尾山麓の高尾山商店街にて、おいしい手焼き煎餅を提供している「手焼き煎餅 くしだ」さん。

kushida04.jpgkushida 01.jpg

醤油の香りが漂う焼場にて、ご主人が丁寧に焼いたお煎餅はとても美味しく、高尾山散歩にとてもお薦めです。

お煎餅の種類も多く、砂糖・一味・抹茶・味噌などなど、、、

お好みの一品を探してみてはいかがでしょうか。※私のお薦めは、胡椒煎餅です!とても美味しい・・・

kushida03.jpg

きさくで優しい女将さんが、お煎餅・てぬぐいを紹介してくださっております。

※桑都てぬぐいで出来た暖簾は、女将さんの手作りの品なんですよ!

kushida02.jpg

8月1日からシーズン限定で、てぬぐいの取り扱い種類を増やしております。

夏のひとときを高尾山で過ごしてみてはいかがでしょうか。

桑都てぬぐい運営

高尾山てぬぐいコレクションのお知らせ

高尾山の魅力を発信し続けている、TAKAO599ミュージアムさんにて

「2020 高尾山手ぬぐいコレクション」が開催されます。

599-01.jpg

開催期間は、2020年8月1日(土)〜8月31日(月)となっております。

高尾山にて多く販売されている、様々な手ぬぐいが展示される予定です。

※てぬぐいの魅力的な活用方法などのご紹介もされるようです!

599ミュージアムさんでは展示のみで販売は行なっていないので、高尾山商店街・近隣施設などにてお求めください。

599.jpg

この夏の一枚を探してみてはいかがでしょうか。

桑都てぬぐいも20〜30種程、展示される予定となっております。

599-03.jpg

ソーシャルディスタンス・予防対策を行なった上で、是非、お足を運んでいただければ幸いです。

どうぞ、宜しくお願いいたします。

高尾山599ミュージアム WEBサイト

桑都てぬぐい運営

八王子CELEO 八王子・多摩物産展

2020年7月1日(水)よりJR八王子駅の「CELEOさん」にて桑都てぬぐいの販売を行なっております。

seleoiv02.jpg

改札口のある、2階イベントスペース・ステーションコートにて展開されております。

この度の販売は、桑都てぬぐいの取り扱い店舗であるt-casterさんが請け負ってくださっております。

地域の魅力溢れる商品が多く並ぶ物産展に、是非お足を運んでみてください。

seleoiv01.jpg

また、桑都てぬぐいを活用し製作された「可愛い縫製雑貨」もございます。

私のお気に入りは、「子供用甚平」になります。本当にかわいいんですよ!!

今年の夏の一枚を探していただければ幸いです。

※催事情報※

場所:八王子CELEO(セレオ)2F イベントスペース・ステーションコート

期間:2020年7月1日(水)〜7月7日(火)10:00〜20:00

(最終日は19時までの営業となります。)

どうぞ、宜しくお願いいたします。

桑都てぬぐい運営

染色体験

八王子市小比企町にある勝田ナセンさんにて染色体験をさせていただきました!

いざ.jpg

桑都てぬぐいの運営を始めてから4年ほど経ちましたが...

撮影ばかりで、自身は染色の体験をせずにおりました。

勝田専務に時間を割いていただき、初めての挑戦です!!

職人さん達の染色風景を何度も見学してきたので、イメージはできております!笑

作業1.jpg

生地張り(この度は、もとより緑色の生地を使用しております。)ー 染色版の用意 ー 染料の流し込み ...

あとは刷るだけです!均等にスケージ(ヘラ)に力を入れ、、、いざ!!

作業1-2.jpg

あっ、、、左下角に染料が入らずに失敗。

染色台の角度に合わせて、均等に力を入れることが本当に難しいのです。

本来、染色の作業はすごく早いペースで行われており、、、

繰り返しの作業を常に均等の力で繰り返す。とても奥が深い。

つぶれイメージ.jpg

また、染料の入りが安定していないので、柄がつぶれてしまったりと職人技であることを痛感しました!

この度は、1色の染色でしたが、、、製品は複数の染料を入れて作られています。

染料を均等に刷り、絵柄の良さを最大限に活かし、一枚一枚綺麗に仕上げることの凄さを感じることができました。

作業後1.jpg

多摩・八王子にて代々続く染色技術。

継承され続ける技術を少しでも守れる様に尽力したいと心より思いました。

素敵な経験と時間をいただけたことに心より感謝いたします。

最後に.jpg

桑都てぬぐい運営

撮影協力:勝田ナセン ホームページ はこちらから。